• ホーム
  • エコテックス規格100とは

エコテックス規格100とは

2012年10月18日 シルク専門店 綺撚堂(きねんどう)kinendo |

Oeco-Tex Standard 100

綺撚堂のシルク布団とベッドリネン類は、すべてエコテックスのクラスⅠの認証を受けています。
製品に付いているエコテックス・ラベルがその信頼の証しです。

●エコテックス規格100とは......

エコテックス規格100とは、人体に悪影響を及ぼす有害物質を厳しく規制する繊維製品の国際安全規格です。
世界15ヶ国にある独立した専門研究機関*において、100項目以上もの検査・分析を行い、そして、安全性が確認された製品にのみ、このエコテックスのラベルが与えられます。生地はもちろん、製品に使用されている糸やファスナー、ボタンなどの付属品も、検査の対象に含まれます。
エコテックスが設立されて以来、基準値や限界値は毎年見直しされており、つねに世界の繊維業界の先駆的役割を果たしています。
いまやエコテックスは繊維製品の安心、安全を約束する世界的なエコマークです。

*日本の第三者公的検査・認定機関は、財団法人日本染色検査協会です。

●クラスⅠとは......

エコテックス規格100では、肌への接触度や敏感度に応じて、製品をクラスⅠ~Ⅳに分類しています。

エコテックスの製品分類表
製品分類 適用
乳幼児(3歳未満)用の繊維製品と繊維製玩具
下着、ロンパース、シーツ・カバー類、寝具、ぬいぐるみなど
最も厳しい安全基準!
表面のかなりの部分が直接肌に触れる繊維製品
下着、シーツ・カバー類、タオル製品、シャツ、ブラウス、靴下など
肌に接触しない、もしくは表面のごく一部のみが接触する繊維製品
ジャケット、コート、芯地など
装飾用インテリア材
テーブルクロス、カーテン、家具の布地、マットレスなど

この中で最上位にあるクラスⅠは、3歳未満のベビー用品を対象としたものです。
赤ちゃんは肌がデリケートで、製品をなめたり、口に入れたりすることも多いため、最も厳しい検査基準が設けられています。

●エコテックス規制項目一例

ホルムアルデヒド
特定の禁止アゾ系染料
発がん性、又はアレルギー誘発性染料
塩素系フェノール
クロロベンゼン/クロロトルエン
PVC可塑剤(フタレート:乳幼児商品)
有機スズ化合物
抽出可能重金属:Ni,Cd,Cr,Cr(6価)等
揮発性物質
染色堅牢度
pH値
農薬
臭気
注:抗菌剤や燃焼物は個別に規制